2023.1.27 今日のお弁当とサービスの質と量

お弁当

以前、職員研修の際に福祉サービスの質と量について話をしました。どこの業界も質と量についてはあるのですが、福祉業界においてこの質と量については曖昧できちんと説明できない人が多いことでしょう。職員がいくら頑張ったとしても管理者が評価しない(できない)理由はここにあります。他業種の営業だと分かりやすいでしょう。自社製品の売り込みで契約をとれた数で評価されます。どれだけ話が上手で優しい人であってもこの数で評価されるのです。営業だけで言うと、サービスの質=営業技術で、サービスの量=契約をとれる数となります。これは極端な例ですが、それでは福祉業界では何でしょう。サービスの質は、利用者への介護技術・・・だけではないですよね。コミュニケーション技術や他の職員との連携や報・連・相ができているかなど利用者へのサービスに係るもの全てになります。この求められるサービスの質が曖昧で範囲が広いことが管理者が評価しない(できない)理由になります。まぁそんなこと考えてる人はあまりいないでしょうけど。でも職員の育成や定着を行うようであればこのあたりは必須ですよ。このサービスの質と量については、他の機会にまとめていきたいと思います。

今日のお弁当は、以前作り置きしておいた豚の甘辛炒めです。量が多いですね。今日は、他の事業所の管理者らと会議があるので情報共有楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました