公立高校 体育祭に思うこと

子育て

梅雨の時期は延期か中止率が高い

つい先日、公立高校の体育祭がありました。長男、次男ともに別日でしたが、どちらも平日での開催でした。しかも梅雨の6月。10月は暑いからってことで変更になったんでしょうね。でも梅雨の時期は、雨で延期や中止になることも予想され、今回も雨予報なので急遽30分繰り上げてのスタートになりました。しかも競技も縮小されました。

一体だれのための体育祭?

まぁ怪我があっても困るので、仕方ないんでしょうけどね。高校の体育祭ってどちらかと言うと生徒メインだと思うのです。見たい親はいるでしょうが、それでも平日にやるってことは小学校とは違って生徒らのためなんですよね。

では、親は気にせず天候を確認して1週間前ぐらいに日程を決定しても良いかと思うんですよ。大まかには決めておいてね。せっかく準備してるんだから延期や中止になる率が高い時にやらないでもらいたい。一体だれのための体育祭なんかな。

仕事で関わっている府立高校でも、前日の雨のせいで時間短縮、競技縮小されたそうです。それでも生徒はがんばりましたとご報告がありました。できればそうならない努力をみせてもらいたいって思うのは私だけでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました